学科紹介[福祉教養科]

福祉教養科の特色

介護福祉士資格取得への最短コース

介護福祉士の資格を3年で取得

専門職である介護福祉士(国家資格)を養成します。障がいを持つ人を身体的・精神的に手助けするには、介護技術や方法を取得することはもちろん、社会福祉全般の学習が必要です。福祉教養科は、高校で福祉の専門教科を学び、介護福祉士試験の受験資格が得られますので、介護福祉士への最短コースとなります。現在、介護福祉士の活躍の場は、高齢者福祉施設、病院など福祉医療の現場を中心に、急速に増えつつあります。

実践を重視したカリキュラム

生活支援技術(校内実習)の授業では、食事介助、移動介助など基礎的な介護技術や知識を学びます。1年次より介護実習(高齢者施設等での実習)を行い、より実践的な力を身につけることができます。

介護実習出発式

介護福祉士への道

介護福祉士への道プロセス3年福祉教養科ある日の実習タイムテーブル

介護福祉士とは

国家資格である介護福祉士は、福祉の現場で中心となり活躍するスペシャリストです。高齢者や身体・精神の障がいによって日常生活に支障がある人に対して、食事や入浴、排泄など身の回りの直接介護を担います。また、その家族の相談に乗ったり、介護の助言や指導も行います。

国家試験合格率

平成24年度の介護福祉士国家試験は、全国平均が約64%のところ、本校は全員合格(合格率100%)を達成しました。過去5年間でも、平均94.4%の合格率を保っています。全国平均を大きく上回る合格率を維持するために、特別授業や模擬試験を取り入れ対策を講じています。

食事介護体位変換ベッドメイキングレクリエーション実習歩行介助

カリキュラム
■1年次
国語総合/現代社会/数学Ⅰ/生物基礎/体育/音楽Ⅰ/コミュニケーション英語Ⅰ/社会福祉基礎/介護福祉基礎/コミュニケーション技術/生活支援技術/介護総合演習/介護実習/こころとからだの理解
■2年次
国語総合/世界史A/化学基礎/体育/保健/コミュニケーション英語Ⅰ/介護福祉基礎/コミュニケ-ション技術/生活支援技術/介護過程/介護総合演習/介護実習/こころとからだの理解
■3年次
地理A/物理基礎/体育/保健/家庭基礎/社会と情報/社会福祉基礎/生活支援技術/介護過程/介護総合演習/介護実習/こころとからだの理解

介護職員初任者研修について

  • 詳細はこちら

▲このページのトップへ