進路

卒業後の進路

卒業生の声

普通科

 

 

H30年度卒 盛岡大学栄養科学部栄養科学科 (矢巾北中学出身)

 一年生の時は、普通教科に加え伝統文化である茶道や箏曲といった授業があり、幅広い分野の学習ができ楽しかったです。二、三年生になると、自分の進路に直結したコースでのしっかり学習しましたた。その中で、たくさんの先生方に支えられ自分の進路を決めることができました。部活動は剣道部に所属していましたが、無駄がなく、日々中身の濃い稽古ができました。部活動を通して、精神的な粘り強さを養えたと思います。年間を通して楽しい行事もあり、学校全体でにぎやかに盛り上がる時もありました。多くの友人にも出会い、本当に幸せな三年間を過ごすことができました。

 

H30年度卒 岩手保健医療大学看護学部 (松園中学出身)

 私は「看護師になる!」という夢を持って医療系進学コースを選び、勉学に励みました。部活動では音楽部に所属し、より良い音楽を求めようと日々努力を積み重ね、全日本合唱コンクールでは東北支部大会出場という成績を残し喜びを分かち合いました。こんなにも必死になって音楽と向き合った時間は私にとって青春でした。進路達成の際には多くの先生方のお力添えをいただき、様々な場面でお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。うれしいこともつらいこともたくさん経験し、恵まれた環境の中で過ごした実り多い三年間でした。岩手女子高校で培った力を糧に、進学先でも努力したいと思います。

 

H30年度卒 岩手県立大学宮古短期大学部経営情報科 (釜石東中学出身)

 私は、岩手女子高校に入学して多くの人たちと出会い、そこから学び成長することができました。私のクラスはみんな明るく、落ち込んだときは、励まし支えてもらいました。行事では同じクラスの人だけでなく他のクラスの人とも仲良くなり、楽しい思い出ができました。進路を決めるときは、自分にできるか不安もありましたが、希望の大学に合格できました。それは、先生方が休みの日や夜まで丁寧に分かりやすく勉強を教えてくれたおかげです。その理解が成績にもつながり少し自信を持つこともできました。この岩手女子高校での三年間はとても充実していました。

 

H30年度卒 盛岡看護大学校看護科 (飯岡中学出身)

 高校時代は、自分の夢である看護師になるという目標を掲げ、部活動と勉学の両立に励みました。どちらも頑張ることは厳しいと感じることもありましたが、大会や行事を経験するごとに、少しずつ自信がついてきました。仲間と切磋琢磨しながら、物事に励み、支え合ったりしたことは一生の思い出です。高校を卒業して感じるのは、人とのつながりや出会いの大切さです。ぜひ、勇気を出して声をかけてみてください。その相手が一生の友になるかもしれません。一度きりの高校生活を楽しんでください。

 

H30年度卒 岩手医科大学医療専門学校歯科衛生学科 (城東中学出身)

 高校生活で私は沢山のことに挑戦し、何事にも努力してきました。 学業では苦手だった理数科目に力を入れ対策を講じ、休み時間には友人や先生方に質問をして分からないままにせず、理解するまで勉強をしました。 部活動では元々得意ではなかった音楽に興味が湧き、自分も楽器を演奏したいという気持ちだけで吹奏楽部に入部しました。良い仲間達に支えられ刺激を受け、技術はもちろん精神的にも成長することができました。私にとって岩手女子高校は、困った時に相談できる大切な友人や先生方に出逢えた、かけがえのない場所でした。

H30年度卒 ホテル東日本 (下橋中学出身)


総合コースは、被服や調理、情報などの様々な検定を受験できます。私は授業で学んだことをそのまま進路に反映させられるところに魅力を感じ、このコースを選択しました。バラエティー豊かな実技教科の授業は、楽しかったです。お互いを尊重できる友人たち、時に厳しく助言をくれ、時に優しく励ましてくださった先生方に出会えたおかげで、今の私があると思っています。私は岩手女子高校に入学し、充実した高校生活を送り、受験も乗り越えることができました。これからは社会人として成長できるよう仕事に臨みたいと思っています。

看護科

 

H30年度卒 岩手医科大学附属病院 (松園中学出身)

 

 4月から岩手医科大学附属病院の眼科病棟で、看護師として勤務しています。1日の入退院や手術件数が多く、毎日がとても忙しいです。しかし患者様の笑顔を見ると疲れも吹き飛びやりがいを感じます。患者様に寄り添い、個々に対応した看護ができるよう努力し、充実した日々を送っています。本校で学んだ、患者さまとの関わり方やクラスで課題を乗り越えてきた経験や知識は、今、私の大きな自信になっています。今学んでいる皆さんも、5年間の学習が必ず未来の自分を助けてくれると信じてがんばってください!

 

 

福祉教養科

 

H30年度卒 特別養護老人ホーム 山岸和敬荘 (渋民中学出身)
 私は介護福祉士になるため、3年間精いっぱい勉強をしてきました。福祉について何も知らなかった状態から、専門教科を学び、校内実習を経て、3年間で9回の施設実習も経験しました。楽なことばかりではありませんでしたが、クラス全員で支え合いながら福祉を学び全員で夢を叶えることができました。 学校行事の中では、体育祭と文化祭が思い出に残っています。体育祭では全員で力を合わせクラス対抗戦で全力を出し、文化祭では屋台を運営するなど、楽しい思い出がたくさんあります。目標に向かって突き進めた高校生活は幸せだったと思います。

 

▲このページのトップへ